新品のような輝きを取り戻したい!

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
まずは戦う相手となる「水垢」を知る!これは大切ですよね。
水垢ができる原因は大きく2つあると言われています。

原因1:水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが結晶化し白くなる。

鏡にお湯がついた後、水分は蒸発していきますが、カルシウムやマグネシウムだけは鏡に残ってしまいます。
(含まれる成分の量などはお住まいの地域によって差があるようです。)
付着して短期間なら落ちやすいものの、長期間放っておくと、非常に頑固な汚れになってしまいます。おそろしいや・・・。

原因2: シャンプーや石鹸などのカス、お風呂用洗剤が付着してしまう。

水分が無くなった後に残ります。こちらも放っておくとどんどん蓄積されていきます。

鏡の水垢を劇的に落とす兵器。

100円均一で購入可能♡

100円均一で購入可能♡

一番簡単な方法はこちら。「ダイヤモンドパフ」とか「ダイヤモンドクリーナー」という名前で100円均一に売ってます。
鏡をこするだけでガシガシ水垢が取れますので、
100均に寄ったら忘れずに探してみましょう。

水につけてこするだけ。

水につけてこするだけ。

通常の清掃では取り除くことができない、室内の鏡などが白く濁る「風化」と窓ガラスに付く「鱗状痕(うろこ)」の汚れを簡単に落とせます。

酢を掛ける方法は?

水垢の主たる成分のカルシウムやマグネシウムは「アルカリ性」なので、反対に酢を掛けることで落としやすくはなると思います。

でも・・・。
臭くて大変じゃないですか?

楽してお掃除するためにもダイヤモンドバフはオススメ♡

今すぐ出来る方法は無いの?

そんな出不精な方は、ご家庭にあるもので検討してみましょう。

クエン酸を使う。

酸性のものというと、クエン酸があります。クエン酸は、水カップ1/2に小さじ1杯を目安に入れて、スプレーで吹きかけて汚れをこすり落とします。汚れがひどい場合には、直接振り掛けてラップなどで覆い、放置して汚れを溶かします。クエン酸は酸性でも酢とは異なり揮発性もなく、においがないので使いやすいです。また水に溶けやすい性質を持っています。
超強力な効果はないですが、クエン酸をスプレーして日々お手入れすることで、鏡の汚れの悩みからは解放されることでしょう。

重曹を使う。

クエン酸が無いなら重曹を使ってみましょう。重曹も掃除の際によく用いられますが、実は弱アルカリ性のものです。アルカリ性の汚れを落とすのは、アルカリ性の洗剤ではありませんね。しかし、鏡には、皮脂や汗が飛んで付着した汚れもあります。これらの皮脂や汗は酸性の汚れであり、酸性のものに対しては重曹の効果があるのです。また重曹には研磨作用があるので、汚れ全体を一気に落とすようなことを期待して使用するのではなく、特定の汚れと研磨作用を目的に使用するとよいです。

歯磨き粉を使う。

水垢を落とす方法には、研磨剤を使う方法があります。研磨剤としてすぐ利用できるものが歯磨き粉です。鏡によっては傷をつけてしまう恐れもありますから。端から試してみましょう。歯磨き粉を雑巾に少量つけて少しずつ磨いていきます。ごしごしこするのは禁物です。

サンポールを使う。

関連するキーワード

ごっち

小旅行に出かけるが好きです。
カメラを持って、途中で出会う景色やグルメを写真に撮ることが楽しみの一つ。読書も好きです。
かわいい・おいしい・たのしいをテーマにみなさんにとってわかりやすい記事を作成できればと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング