この頃何だか歯の調子が良くない、とか口臭がするかも?と気にしている方は少なくないはず。念入りに歯磨きをしているのに、スッキリしないと、なんだか気分もモヤモヤしてきますよね。
今回は正しいオーラルケアと、歯ブラシ、歯磨き粉の選び方についてまとめてみました。

歯磨きをするときに気を付けたい、3つの注意点

場所に応じた歯ブラシを使いましょう

ギザギザ毛先の“歯間まで磨ける”ものや、細い毛先の“歯周ポケットまで磨ける”歯ブラシ。歯の表面や歯間に付着した粘着性のあるフィルムに覆われたプラーク(歯垢)を取るには柔らかすぎて力不足になる事も多く、結局全体的に中途半端になってしまい、歯磨き効率が落ちてしまうんだとか。

固めの歯ブラシで優しく歯磨きをして、歯間はフロスや歯間ブラシで別途ケアしたり、場所に応じた専用の道具を使って、効率的にケアしたいですね。

歯磨き後の口のすすぎ過ぎには要注意

歯磨きのあと、歯磨き粉が残っていると体に悪い気がして念入りに口をすすいでいませんか?

歯磨き粉などに含まれている、”歯を丈夫にして虫歯を防いでくれるフッ素成分”が、すすぎすぎると口の外に流れ出てしまい、歯の再石灰化が期待できなくなってしまうので、ご注意を!

歯磨きのあとは、1回すすぐくらいでちょうど良いみたいです。
慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、口の中に歯磨き剤が少し残っていても健康上のリスクはなく、妊娠中の方でもフッ素は胎盤を通らないので問題ないみたいですよ。

マウスウォッシュ

口の中の菌を殺し、歯周病や虫歯を予防するために作られたデンタルケア商品のマウスウォッシュですが、これも正しく使わないと歯周病や虫歯は根本的に予防・改善できません。

口の中の歯周病菌や虫歯菌の大部分は、バイオフィルムと呼ばれる、歯垢のネバネバとしたバリアに守られているので、いきなりマウスウォッシュをしてもバリアの中の細菌まで届かないので、歯磨き前はもちろんNG。

また、フッ素入り歯磨き剤を使用した後にマウスウォッシュを使用すると、フッ素が流れてしまって虫歯予防にならなくなってしまうらしいので、夜間の歯磨き後のマウスウォッシュもちょっと…。

食べたり飲んだりして口の中のフッ素を失ってしまう上に、夜間と違って唾液がたくさん出ていて、それほどフッ素に頼らなくてもいい日中の対策として、朝の歯磨きの後に使うのがベスト☆

歯磨きのベストタイミングっていつなの?

朝は「食前」の歯磨きがオススメ

「歯磨きはいつすればいいのか」という論争を見ると、食後ばかりに注目が集まっているようですが、実は朝は食前の歯磨きが大事だということを忘れてはいけません。なぜなら、就寝中は唾液量が減り、口内で細菌が増殖しているからです。

朝起きたらすぐに歯磨きをしてキレイにしておかないと、朝食と一緒に体の中に取り入れてしまうことになります。

1日で最も大切なのは、「就寝前」の歯磨き

虫歯リスクが最も高まるのは就寝中です。寝ている間に増殖した細菌は、虫歯や歯周病の進行を促します。

そうしたトラブルを防ぐためには、寝る前にきちんとプラーク(歯垢)コントロールを行い、細菌の数を減らしておくことが大切です。フッ素配合の歯磨き粉を選び、夜はできるだけ丁寧にゆっくり歯磨きをする習慣をつけましょう。できれば10分、少なくとも5分以上のブラッシングが望ましいと言われています。

効率が段違い?!正しい歯磨き道具を選ぼう!

失敗しない歯ブラシ選び

歯ブラシには硬め・普通・柔らかめなど、いろいろな硬さが用意されているし、ギザギザ毛先の“歯間まで磨ける”ものや、細い毛先の“歯周ポケットまで磨ける”歯ブラシなど、種類も多くて正直何を選んでいいのか分からなくなりますよね?

歯科医師いわく、毛先の細いもの、ギザギザ毛先、柔らかめは毛先が寝てしまい、歯垢を取りきれないし、固すぎると歯茎が傷つく、という事で、オススメは平らな毛先で普通の固さの歯ブラシだそうです。

私は断面が平らで硬さは普通の子ども用歯ブラシをお勧めされました。

目的に合わせて使いたい歯磨き粉

種類が多くて迷ってしまうのも分かりますが、大切な歯のことを考えれば、歯磨き粉選びは重要なミッションです。「黄ばみやくすみを落として、ツヤのある歯を手に入れたい!」とか、「息スッキリで接近戦に強くなりたい」などなど、市販の歯磨き粉のなかから、用途に応じたオススメ歯磨き粉をご紹介します。

夜は虫歯予防やホワイトニング重視、朝昼は口臭予防と使い分けても良いかもしれませんね。

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

385円

虫歯予防には高濃度のフッ素が配合された、この歯磨き粉。
高濃度のフッ素で歯の再石灰化を促すので、虫歯予防の効果がとても高く、オススメ。

関連するまとめ

小嶋陽菜風メイク法、初心者さんにも詳しく解説♡6つのポイントで愛されモテ顔に♡

甘めでふんわり。うさぎさんみたいなモテ顔のAKB48のこじはること小嶋陽菜ちゃん。そんなこじはるの顔になりた…

りんりん / 4545 view

キレイな背中で居たい!背中がかゆいときの原因と対処法まとめ

一度「かゆい」と感じた瞬間から異常にかゆくなる背中のかゆみの原因って?

MU-MINDANI / 225 view

最高にかわいい顔♡韓国式オルチャンメイクのやり方、ズバッと教えます!

最近話題の韓国から来たオルチャンメイクってとってもかわいい♡ オルチャンとは、韓国語で「最高にかわいい顔」と…

ごっち / 3639 view

もしかして万能?毛穴の黒ずみ・デオドラントにも効果が有るレモンの使い道をご紹介します…

料理に使って、残ったレモン、冷蔵庫で干からびさせていませんか? そうなる前に、美容に活用しちゃいましょう!

らも / 578 view

CMやテレビでおなじみのEMS。効果と効率が良い使用方法まとめ

EMSを買うまでに知っておきましょう♪

もこ / 403 view

あ~、疲れた! 原因は体質?気候?いいえ、無意識の行動です!

季節の変わり目だからか、疲れやすい。って思ってるあなた。季節は関係ないかもしれませんよ!

らも / 199 view

冷えの季節は18分のバスタイムで代謝を上げましょ♪333入浴法まとめ

正しく出来ればウォーキング1時間分と同じカロリー消費&代謝アップの効果があるんですよ!

らも / 120 view

お疲れ女子必見!ぐっすり寝ても疲れやすいのは「鉄分不足」が原因かも?

「女性の3人に1人は鉄分不足」らしいですよ!

らも / 201 view

ベビーだけのものじゃないかも?ベビーオイルで可愛くなる活用法まとめ

生まれた時から使えるんだから、今使っても問題ないよね♪

らも / 421 view

プチプラで美肌を叶えるパックに人気集中!PLAZAで最も売れたフェイスマスクって?

PLAZAのフェイスマスク売り上げTOP5をご紹介。 冷房による乾燥や紫外線で悲鳴をあげた夏の肌へ、フェイス…

りんりん / 849 view

「知覚過敏かな?」と思ったら!3つの原因&3つの対策まとめ

冷たいものや甘いものが歯にしみて、スイーツを心から楽しめない人へ。

らも / 261 view

40代・50代のカットモデルを厳選!40歳からの髪型ベストヘアカタログ♡

40~50代のカットモデルさんのみを集めた、おしゃれな髪型・ヘアカタログです。実年齢に近いモデルさんだから、…

ごっち / 9774 view

1週間で-5kgも夢じゃない?脂肪燃焼スープの作り方♪

お腹いっぱい食べても1週間で痩せる脂肪燃焼スープ!野菜がたっぷり入った脂肪燃焼スープは、食べるだけで痩せられ…

らも / 236 view

ネイルアートはバッチリ!でもネイルケアは大丈夫?

しっかりケア&避けたい日常のNG習慣を把握して、マニキュアいらずの清潔感あふれるネイルになりましょう♡

もこ / 235 view

【若さの秘訣】白人女性に見る老化防止対策も日本人とほぼ一緒だった!

海外版キラリップともいうべき、女性の美しさを保つための情報発信サイト「the list」。老化防止のための生…

ごっち / 523 view

イギリス発!世界初のスプレータイプネイルが究極の時短で大人気♡

セルフネイルがきれいにできない」「ネイルは時間がかかるから面倒」というな病を解決するネイルが登場!イギリスの…

ごっち / 177 view

病気を疑うレベルでかゆい!乾燥肌でかゆい時の対策まとめ

長湯、長風呂は乾燥肌を進行させるってご存知でした?

MU-MINDANI / 225 view

今から始める冷え対策で、ぽかぽか快適な冬にしよう♪

先週まで暑かったのに、朝晩はグッと冷えるようになりましたね。 朝起きると、手足が冷たいんですけど。という事で…

MU-MINDANI / 179 view

関連するキーワード

らも

星を見ること、旅行、インテリアが好きです。
楽してダイエットしたいというのが一番の願い。
好きなことやダイエット情報を発信できればと思ってます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング