この頃何だか歯の調子が良くない、とか口臭がするかも?と気にしている方は少なくないはず。念入りに歯磨きをしているのに、スッキリしないと、なんだか気分もモヤモヤしてきますよね。
今回は正しいオーラルケアと、歯ブラシ、歯磨き粉の選び方についてまとめてみました。

歯磨きをするときに気を付けたい、3つの注意点

場所に応じた歯ブラシを使いましょう

ギザギザ毛先の“歯間まで磨ける”ものや、細い毛先の“歯周ポケットまで磨ける”歯ブラシ。歯の表面や歯間に付着した粘着性のあるフィルムに覆われたプラーク(歯垢)を取るには柔らかすぎて力不足になる事も多く、結局全体的に中途半端になってしまい、歯磨き効率が落ちてしまうんだとか。

固めの歯ブラシで優しく歯磨きをして、歯間はフロスや歯間ブラシで別途ケアしたり、場所に応じた専用の道具を使って、効率的にケアしたいですね。

歯磨き後の口のすすぎ過ぎには要注意

歯磨きのあと、歯磨き粉が残っていると体に悪い気がして念入りに口をすすいでいませんか?

歯磨き粉などに含まれている、”歯を丈夫にして虫歯を防いでくれるフッ素成分”が、すすぎすぎると口の外に流れ出てしまい、歯の再石灰化が期待できなくなってしまうので、ご注意を!

歯磨きのあとは、1回すすぐくらいでちょうど良いみたいです。
慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、口の中に歯磨き剤が少し残っていても健康上のリスクはなく、妊娠中の方でもフッ素は胎盤を通らないので問題ないみたいですよ。

マウスウォッシュ

口の中の菌を殺し、歯周病や虫歯を予防するために作られたデンタルケア商品のマウスウォッシュですが、これも正しく使わないと歯周病や虫歯は根本的に予防・改善できません。

口の中の歯周病菌や虫歯菌の大部分は、バイオフィルムと呼ばれる、歯垢のネバネバとしたバリアに守られているので、いきなりマウスウォッシュをしてもバリアの中の細菌まで届かないので、歯磨き前はもちろんNG。

また、フッ素入り歯磨き剤を使用した後にマウスウォッシュを使用すると、フッ素が流れてしまって虫歯予防にならなくなってしまうらしいので、夜間の歯磨き後のマウスウォッシュもちょっと…。

食べたり飲んだりして口の中のフッ素を失ってしまう上に、夜間と違って唾液がたくさん出ていて、それほどフッ素に頼らなくてもいい日中の対策として、朝の歯磨きの後に使うのがベスト☆

歯磨きのベストタイミングっていつなの?

朝は「食前」の歯磨きがオススメ

「歯磨きはいつすればいいのか」という論争を見ると、食後ばかりに注目が集まっているようですが、実は朝は食前の歯磨きが大事だということを忘れてはいけません。なぜなら、就寝中は唾液量が減り、口内で細菌が増殖しているからです。

朝起きたらすぐに歯磨きをしてキレイにしておかないと、朝食と一緒に体の中に取り入れてしまうことになります。

1日で最も大切なのは、「就寝前」の歯磨き

虫歯リスクが最も高まるのは就寝中です。寝ている間に増殖した細菌は、虫歯や歯周病の進行を促します。

そうしたトラブルを防ぐためには、寝る前にきちんとプラーク(歯垢)コントロールを行い、細菌の数を減らしておくことが大切です。フッ素配合の歯磨き粉を選び、夜はできるだけ丁寧にゆっくり歯磨きをする習慣をつけましょう。できれば10分、少なくとも5分以上のブラッシングが望ましいと言われています。

効率が段違い?!正しい歯磨き道具を選ぼう!

失敗しない歯ブラシ選び

歯ブラシには硬め・普通・柔らかめなど、いろいろな硬さが用意されているし、ギザギザ毛先の“歯間まで磨ける”ものや、細い毛先の“歯周ポケットまで磨ける”歯ブラシなど、種類も多くて正直何を選んでいいのか分からなくなりますよね?

歯科医師いわく、毛先の細いもの、ギザギザ毛先、柔らかめは毛先が寝てしまい、歯垢を取りきれないし、固すぎると歯茎が傷つく、という事で、オススメは平らな毛先で普通の固さの歯ブラシだそうです。

私は断面が平らで硬さは普通の子ども用歯ブラシをお勧めされました。

目的に合わせて使いたい歯磨き粉

種類が多くて迷ってしまうのも分かりますが、大切な歯のことを考えれば、歯磨き粉選びは重要なミッションです。「黄ばみやくすみを落として、ツヤのある歯を手に入れたい!」とか、「息スッキリで接近戦に強くなりたい」などなど、市販の歯磨き粉のなかから、用途に応じたオススメ歯磨き粉をご紹介します。

夜は虫歯予防やホワイトニング重視、朝昼は口臭予防と使い分けても良いかもしれませんね。

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

385円

虫歯予防には高濃度のフッ素が配合された、この歯磨き粉。
高濃度のフッ素で歯の再石灰化を促すので、虫歯予防の効果がとても高く、オススメ。

関連するまとめ

冷えの季節は18分のバスタイムで代謝を上げましょ♪333入浴法まとめ

正しく出来ればウォーキング1時間分と同じカロリー消費&代謝アップの効果があるんですよ!

らも / 178 view

諦めないで!夏の間に増えてしまった「シミ」ってどう消すの?

年齢を重ねるに連れて気になってくる、顔のシミ。日焼け止めを塗って予防していたはずなのに……ということはありま…

ごっち / 355 view

人生の3割を充実させよう!睡眠の質を上げる為におさえたい、枕選びのポイント

人生の3~4分の1を占める睡眠時間の質を高めよう♪

MU-MINDANI TARO / 278 view

秋冬に向けて知っておきたい「喉の痛み」対策まとめ

のどのイガイガ、なんとかしたい!って時に。

MU-MINDANI TARO / 312 view

本当に髪がよみがえると話題の「オイルシャンプー」がめっちゃ気になる!

吉高由里子さんや稲垣吾郎さんのCMの影響で注目度がグッと上がってきてるオイルシャンプー。気にはなってるんだけ…

ごっち / 1029 view

毛穴の黒ずみ大丈夫?お肌に負担のかかる秋を乗り切る毛穴ケアまとめ

肌寒くなったと思ったら暑くなって、体調だけじゃなく毛穴もお疲れ気味。簡単ケアで元気を取り戻そう♪

もこ / 245 view

肌の”秋支度”に♡美白・ダイエットに効果的な簡単トマトレシピ3つ

トマトに含まれるリコピンには、脂肪燃焼作用や美白作用があるといわれています。そのまま食べても美味しいトマトで…

ごっち / 188 view

【顔は眉毛で変わる!】正しい眉毛のお手入れ

顔のバランスを決定づける眉毛。お手入れが間違っていると思わぬ肌トラブルの原因になってしまうので要注意!

MU-MINDANI TARO / 929 view

顔でいちごを栽培するのはもうやめよう!今日から出来る鼻の毛穴対策まとめ

ふと鏡を見るとブツブツになっている鼻。どう見てもいちごです。顔にあるいちごなんて、収穫してやる!という方へ、…

MU-MINDANI TARO / 437 view

トレンドは“生”から“センシュアル”へ。秋ムードの彼の心に入り込む3step♡

メイク界は本格的に秋ムード。“生”がキーワードだった夏を終えて、この秋のトレンドは“センシュアル”へ。物憂げ…

りんりん / 713 view

眉毛の上手な抜き方と注意点まとめ

すっぴんを”麻呂”と言われたのも今はいい思い出です。

らも / 222 view

ベビーだけのものじゃないかも?ベビーオイルで可愛くなる活用法まとめ

生まれた時から使えるんだから、今使っても問題ないよね♪

らも / 616 view

目指せ!1日1回スッキリ! 便秘に効く食べ物・飲み物を意識した生活をしよう

お腹が張って食欲がない、肌荒れしてしまうなど、健康にも美容にも良くない、便秘。普段の食生活で改善しよう♡

MU-MINDANI TARO / 362 view

秋冬が肝心?キレイにしたい二の腕のスキンケアまとめ

二の腕でサメを飼っている人は私だけじゃないみたいです。

MU-MINDANI TARO / 411 view

[エステ無用]自宅で簡単にセルライトを除去する方法8つ♡

セルライトはほっといてもなくなりません。これ以上蓄積する前に除去していきたいですよね!でもエステに通うのはお…

りんりん / 421 view

運動嫌いさんにおすすめ。ちょっとの習慣で痩せる方法♡

痩せたいけど、運動する気はありません!

らも / 272 view

最高にかわいい顔♡韓国式オルチャンメイクのやり方、ズバッと教えます!

最近話題の韓国から来たオルチャンメイクってとってもかわいい♡ オルチャンとは、韓国語で「最高にかわいい顔」と…

ごっち / 6802 view

イギリス発!世界初のスプレータイプネイルが究極の時短で大人気♡

セルフネイルがきれいにできない」「ネイルは時間がかかるから面倒」というな病を解決するネイルが登場!イギリスの…

ごっち / 283 view

ネイルアートはバッチリ!でもネイルケアは大丈夫?

しっかりケア&避けたい日常のNG習慣を把握して、マニキュアいらずの清潔感あふれるネイルになりましょう♡

もこ / 366 view

お手入れは足先まで!キレイなナチュラル爪になろう!

ペディキュアで隠れているからお手入れはしていない、という方も、足の臭い予防と巻き爪予防に簡単なネイルケアを定…

もこ / 322 view

らも

らもも。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング