パーマをかけたからには、誰だって長持ちさせたいですよね?そんなパーマをかけているかたで、理想のパーマスタイルを長持ちさせたいと思っているかたにおすすめなのがトリートメントをすることで、パーマを長持ちさせる方法があるといわれています。

そして、パーマをかけてから日常生活でも気を付けていかなければならないこともいくつかあるようです。そんなパーマをかけたあとのトリートメント方法をはじめ、パーマ施術後に心がけたいことをご紹介していきます。

パーマをかけたら気を付けること

パーマをかけたら気を付けなければならないことがあります。せっかくかけた理想のパーマを少しでも長持ちさせるためにも、パーマをかけた初日に気を付けなければならないこと、そして、毎日のヘアケアで心がけて欲しいことなどいくつかあるのでご紹介していきたいと思います。

初日はシャンプーをしない

パーマをかけた初日は、パーマ液がとれる可能性が大きいため、シャンプーをしないようにしましょう。パーマ後2~3日は、シャンプーをしないのがベストといわれていますが、髪を洗わないと気持ち悪いというかたは、せめて初日だけはシャンプーを我慢しましょう。

きちんと乾かす

パーマを長持ちさせるためのケアのひとつとして、髪はきちんと乾かすようにしましょう。でも、長い時間ドライヤーを髪にあててしまうと、パーマが長持ちしなくなるため、ここも難しいバランスなのですが、髪を洗ったら、しっかりタオルドライをしてからドライヤーで乾かすと、ドライヤーを髪にあてる時間も大分縮小されるため効果的です。

ふんわりしたパーマをかけているかたは、根本を意識的に乾かすとパーマが長持ちするそうです。そして、パーマの種類によっては、しっかり手で揉みこむようにしながら乾かすといいといわれています。

トリートメントをする

パーマをするとき、美容院でもトリートメント効果の高い液を使って施術を行ってくれるところが増えているようですが、自宅でもしっかりセルフヘアケアをしてあげましょう。お風呂場でパーマ用のトリートメントや、お風呂から出て髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントでヘアケアしてあげるのもとても大切といわれています。

トリートメントの効果的な付け方

パーマをかけたあとにトリートメントをする際に、自宅でのケアも大切ですが、実際トリートメントをより効果的に使うには、どのように付ければいいのかも知っておくといいといわれています。それでは、トリートメントの効果的な付け方をご紹介していきます。

毛先を中心になじませる

洗い流さないタイプのトリートメントを頻繁に使っているかたの使い方の注意点もいくつかあるようです。まずつけるタイミングは、シャンプーをしてお風呂のあとのドライヤーで髪を乾かす前につけるのがベストといわれています。また、朝のスタイリングのときに髪が乾いた状態でも使えるので髪を守るためにもとても便利です。

洗い流すトリートメントも洗い流さないトリートメントをつける場合は、毛先から髪の中心あたりを主になじませてあげると効果的といわれています。髪がダメージを受けているとき、毛先に向かっていくほど時間がたっている髪でもあるため、ダメージもそれだけ強いといいます。

そして、トリートメントが頭皮までついてしまうと、頭皮に余分な油分がたまってしまって地肌がつまってしまう可能性もあるため、真ん中から毛先に向かって意識しトリートメントをなじませてあげましょう。

蒸しタオルをする

トリートメントと髪の真ん中から毛先までなじませたら、蒸しタオルで髪をくるんであげましょう。そして、そのまま5分ほど放置します。蒸しタオルを使うことで、トリートメントの浸透率もアップし、美容院でトリートメントをしたような効果が得られるといわれています。

また、シャンプー前にホホバオイルなど、オイルをたっぷりめにつけて、髪や頭皮を優しくマッサージし蒸しタオルでくるんで、15分ほど放置してからシャンプーするヘアケアもあるようです。

パーマを長く維持する方法

ムースを使う

ワックスやミルクなどが主流となっている時代ですが、パーマをかけているかたで、スタイリングを長持ちさせたいかたは、霧吹きなどで朝の身支度の際に髪を少し濡らしてあげてから、油分の入っているムースをつかってスタイリングをするとパーマを長く維持させることができるといわれています。

カールさせながらドライヤー

クシなしで、指先でカールさせながらドライヤーをかけることが、パーマを長く維持させるポイントといわれています。カールを髪につけるようなイメージでねじりながらドライヤーをかけるといいそうです。ドライヤーをして髪が乾いてきたら、冷風に切り替えてドライヤーをあててあげるとスタイリングもキープするといわれています。

そして、パーマをかけている部分は乾燥しやすいため、オーバードライしないようにするのもポイントです。弱風をつかって丁寧に心がけましょう。コツを掴んでしまえば、結構簡単にできるようです。

関連するまとめ

メイクアレンジの可能性を広げよう!おすすめカラーパレットのご紹介

様々な色がそろうとグラデーションやポイント使いなど、メイクアレンジがもっと広がるアイシャドウ。 カラーパレッ…

らも / 560 view

欲しいけど名前が分からない、街でよく見るあのリュック特集

街でよく見かけるかわいいリュック、名前が分からないから買えないよ!という方にオススメのリュック特集

もこ / 471 view

可愛いは卒業!?海外でじわじわキテるマットネイルで大人っぽく演出♡

ネイル特有のツヤ感をなくしたマットネイル。コーディネートが大人っぽくなり、いつものネイルアートの雰囲気もガラ…

りんりん / 2599 view

シックな色になりがちな秋こそ!暖かみのあるレンガ色ネイルのオススメ

レンガ色が素敵な秋ネイルデザインをご紹介します。

らも / 930 view

秋のヘビロテはこれ!ふわふわシャギーニットでトレンドモテコーデ♡

だんだん肌寒くなってきてそろそろ衣替えの季節♪秋ってやっぱり人肌恋しくなって『モテ』、意識しちゃいますよね♡…

りんりん / 857 view

【ただ可愛いだけじゃない】大人女子向けおすすめiPhoneケース

オトナ女子の皆さん、どんなiPhoneケースを持っていますか?ポップでキュートなケースも良いけれど、可愛いだ…

りんりん / 1302 view

セルフネイルならこれに決まり?SMELLY(スメリー)でネイルを楽しもうʕ·ᴥ· ʔ

かわいくて豊富なカラーバリエーションと、のびの良いサラサラな塗り心地、乙女心をくすぐるキャッチーなネーミング…

MU-MINDANI TARO / 637 view

定番すぎるコンバースは脱色!?漂白で作るリメイク♡

おうちに履いていないコンバースはありませんか?脱色するとヴィンテージ感のあるいい色目になりますよ♪

らも / 12334 view

2016秋も優秀なのはZARAでした♡「今が旬」な使える小物6選!

この秋も優秀で使える小物が揃ってるZARA。今が買いな使える小物をご紹介いたします。

ごっち / 3143 view

水玉を大人に着こなして。アラサー流レトロガーリーに挑戦!

甘めで幼くなりがちな水玉柄。でも、水玉を大人フェミニンに着こなせたら、レトロガーリーな感じで良いかも!ちょっ…

もこ / 446 view

MA-1は「袖長め」がオシャレ!”こなれ見え”する秋の着こなし♡

ブルゾンブームが続く2016年の秋。MA-1(エムエーワン)を使った着こなしに注目が集まっています。 ミリタ…

りんりん / 1035 view

もう口紅落とさない!リップライナーでキープ力を高めよう!

唇の輪郭をとるだけじゃ”もったいない”リップライナー。いつでも美しく色づいた唇でいる為に、有効活用しちゃいま…

らも / 495 view

子育てママに贈る!2016秋のプチプラユニクロコーデでおしゃれを楽しみましょう♡

夏も終わりに近づいてきて、そろそろ秋が到来しそうな雰囲気ですね。 子育てに追われていると、季節に合わせたコー…

りんりん / 6862 view

【女子必見】トレンドの≪ワイヤーネイル≫で女子力UP&男子ウケ!

ワイヤーネイルのワイヤーは女子力の蜘蛛の糸になるかも?

らも / 2126 view

北欧生まれ♡「Elodie Details」の可愛いベビーグッズ

スウェーデン生まれのKIDS&BABY向けブランド、Elodie Details(エロディー・ディテールズ)…

ごっち / 738 view

ネイルが台無し!ネイルに気泡が入ってしまう原因と対策まとめ◎

渾身の力作を気泡で台無しにする前に!

らも / 705 view

関連するキーワード

らも

らもも。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング