「肉食いてえ!」

肉肉しいステーキを大きめにカットして、口いっぱいに頬張りたい。食べ放題の焼き肉屋へ行って、ロースやカルビを好きなだけおかわりしたい……。男には、無性に肉を食べたくなる時があるものです。昨今は立ち食いステーキや熟成肉を売りにする店も増え、気軽に「ガッツリ肉」を堪能できる環境が整ってきています。肉フェスもあちこちで開催されるなど、まさに肉ブーム真っ盛りです。

でも健康という観点から見ると、肉には「ヘルシーではない」「食べると太るもの」などのネガティブなパブリック・イメージがつきまといます。「肉はおいしいけど、不健康と引き換えだな……」と罪悪感を覚えながら食べている人も多いのではないでしょうか。

本当に、肉は健康の敵なのでしょうか? そして「できることなら大好きなお肉を毎日朝・昼・晩食べたい!」という肉食男子(食物に限る)の妄想は、叶わぬ願いなのでしょうか? 

肉中心の食生活について健康的な側面から考えてみました。

牛肉ってどんな食べもの?

牛肉に含まれる「動物性タンパク質」は、植物性タンパク質よりも体内での吸収率が高いとされています。「タンパク質」は内臓や血液、皮ふなど体をつくるうえで欠かせない栄養素です。健康だけでなく美容にも大切なタンパク源やミネラル源を豊富に含んでいるのも牛肉の特長です。

気になる「牛肉」の栄養素

ここで、気になる「牛肉」の栄養素をみてみましょう。牛肉の約60〜70%は水分で、主な成分は、タンパク質、脂質、ナイアシン・ビタミンA・ビタミンDを始めとするビタミン類、葉酸、カリウム・鉄・亜鉛などをはじめとする各種ミネラル分がバランス良く含まれています。特筆して多いのはナイアシン、ビタミンK、ビタミンB12、亜鉛などです。

牛肉の主要成分(100gあたり)

★エネルギー:371Kcal
★水分:66.7g
★タンパク質:14.4g(50g)
★脂質:32.9g(20~30g)
★ビタミンA:24μg(650μg)
★ビタミンK:13μg(60μg)
★ビタミンB1:0.39μg(1.1μg)
★ビタミンB6:0.28mg(1.1mg)
★ビタミンB12:1.3μg(2.4μg)
★ビタミンE:1.1mg(6.5mg)
★ビタミン C:15mg(100mg)
★ナイアシン:3.9mg(11mg)
★葉酸:18μg(240μg)
★カリウム:230mg(2000mg)
★鉄:1.5mg(6.5mg)
★亜鉛:3mg(9mg)

※( )内の数字は18歳〜29歳の女性を基準とした1日あたりの摂取量の目安です。
※成分は厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2010年版)」を元に作成しています。

美味しいだけじゃない!牛肉の健康効果

血圧を低下させる作用がある?

血圧を低下させる作用がある?

牛肉には、アミノ酸の一種である「タウリン」が含まれます。タウリンは栄養ドリンクなどにも含まれる物質です。タウリンの作用には、「胆汁酸の分泌促進」「血圧降下作用」「肝機能向上作用」 などが知られています。1日に必要なタウリンの約半分は食べ物から摂取し、残り半分は体の中で合成されるといわれます。

今までタウリンは魚に多いと考えらえれていましたが、牛肉にもたくさんのタウリンが含まれていることが分かっています。近年、このタウリンの作用により適量の牛肉は血圧を下げる効果があるのでは?
と期待されています。

精神を安定させ、うつ病などの予防に!?

牛肉を食べると幸せな気分を感じることがありませんか?焼肉やすき焼きなどを食べると「う〜ん幸せ♪」それは男性、女性問わないことだと思います。でもそれは「気のせい」ではないようです。牛肉には「トリプトファン」と呼ばれる必須アミノ酸が豊富に含まれています。

トリプトファンは「セロトニン」という物質の合成に必要な要素です。「セロトニン」は脳内の興奮を鎮める機能もつ栄養素で「幸せホルモン」とも呼ばれています。脳神経や自律神経に作用し「幸せな気持ち・明るい気持ち」にしてくれます。落ち込んでもすぐに気持ちを切り替えて前向きになれ、不安を乗り切る強い精神力を生み出すとされます。

このため、適量の牛肉を常用的に摂取している人は、若々しく元気に活動している人が多いといいます。それはセロトニンが関係していといわれているのです。

貧血にも効果あり!?

牛肉は赤い色合いを特徴としています。その色はミオグロビンという色素タンパク質によるものです。濃い赤色はミオグロビンがより多く含まれていることを意味しています。肉類に含まれる鉄はヘム鉄と呼ばれ、ミオグロビンの含有量が高いほど、ヘム鉄がの吸収率が良いといわれています。

ミオグロブンを多く含む牛肉とそこに含まれるヘム鉄は、たいへん吸収に優れているといわれ、貧血で鉄が必要な人には、牛肉のヘム鉄が効果的だといわれます。

長生きの秘訣は牛肉にあり!?

牛肉を含む肉類には「アルブミン」というタンパク質が含まれています。アルブミンは血液内の老廃物を腎臓に運んで分解させたり、体のすみずみまで栄養を運ぶといった働きをしています。また、身体の再生や修復にも欠かせない物質とされています。

加齢にともない、アルブミンの量は少しずつ低下していくので、高齢になるほど肉を積極的に食べることで長寿につながるようです。アルブミンが低下すると、体が乾いて縮み、老化の変化が早く進んでしまうということがいわれています。日本の平均寿命の伸びに大きく貢献したのは、この牛肉を始めとする肉食文化と大きな関係があると考えられています。

疲労回復の効果も!?

牛肉に含まれるタンパク質の一種で「カルノシン」という物質があります。最近このカルノシンには酸化を予防する働き(抗酸化作用)があることがわかってきました。カルノシンは筋肉や心臓で、PH(酸性・アルカリ生を示す指数のこと)を調節する作用があることも認められています。

ヒトが運動をすると乳酸が生成され、筋肉のPHが低下して、体が酸性になることで疲労をもたらします。カルノシンにはこれを抑制する働きがあるのです。つまり疲労を抑制作用があると考えられています。

牛肉はダイエットにも有効?!

牛肉を含む肉類には「カルニチン」というアミノ酸が含まれています。カルニチンは脂肪を燃焼させる上で必要な物質です。食事で摂った脂肪は細胞に取り込まれることによって燃焼されます。この脂肪の取り込みを促進するのがカルニチンの働きであることがわかっています。

カルニチンは食肉のなかでも、特に牛肉に一番多く、豚肉の倍量、鶏肉の約5〜6倍含まれているといわれます。カルニチンを含む牛肉はダイエットをサポートしてくれる重要な食材の1つといえそうです。また、タンパク質を摂ることで、甘いものへの欲求が少なくなるといわれています。適量のタンパク質を摂取することは、こういった面からもダイエットをサポートしてくれるいえるでしょう。

さらに牛肉に豊富なナイアシン(ビタミンB3)は、食品から摂取した糖質や脂質を燃やしてエネルギーに変えるときに必要な物質です。体がエネルギーを生み出す働きの60~70%にナイアシンが関わっているといいます。

牛肉はお肌のシミ・シワの改善にも効果あり!?

関連するまとめ

作り方簡単♪ぷるぷるで美味しい「ミルクもち」レシピ

簡単♪美味しい♪ミルクもちで、もう牛乳余らせない♡

もこ / 447 view

100均だけで簡単燻製器!簡単・安価にスモーキーなおつまみ作り♡

燻製というとどんなイメージですか?時間がかかる・家庭では難しい・手間がかかる・・・。いろいろありそうですが、…

ごっち / 2606 view

実は生活習慣病予防の決め手「大麦」!漢方薬としても使われる大麦を使ったプリンレシピ♡

漢方では大麦は美白や美顔、また痩身に効くとされ、古来より用いられてきました。 日本でも昔は麦飯や麦こがしとし…

ごっち / 772 view

熟成肉の次は熟成魚?!魚の旨みが味わえるエイジングフィッシュってどんなの?

新鮮な方が美味しいイメージがあるお魚ですが、熟成させて旨みが増すエイジングフィッシュがすごいらしいです!

らも / 943 view

苦手な人も結構いける♪みんなの「豆乳の美味しい飲み方」がすごい☆

私は豆乳をそのまま飲めるようになって大人になった自覚を持ちました。

らも / 944 view

チンするだけ!マグカップで作るスイーツが超簡単でおいしそう♡

プリンプリン!至福のなめらかさを追求したい♪

らも / 419 view

食べている姿も美しく。テーブルマナーの基本について

マナーのしっかりした女性って魅力的ですよね。という事で、高級レストランへ行っても大丈夫な基本的なマナーを確認…

もこ / 202 view

忙しい朝にもオススメ!トーストより断然おいしい「ホットサンド」レシピ

IHにしてから食べてなかったけど、電気式のも有りました。

らも / 1580 view

台風による価格高騰で家計が大変!「冷凍野菜」で賢く時短&節約!

北海道や東北地方を襲った晩夏の台風。この台風は、私たちの食卓を支えてくれている農家の方にも、大きな被害をもた…

りんりん / 193 view

残暑バテで食欲不振?!サラッと食べられる冷やし茶漬けレシピ♡

身体が「疲れた」とサインを出し始める残暑。残暑になって疲れが出て来てしまったという経験は誰にでもありますよね…

ごっち / 488 view

簡単なのに本格的!プロの味を再現したフレンチトーストの作り方

フレンチトーストって月一で猛烈に食べたくなりませんか?

らも / 1635 view

秋は脂がのって美味しい季節♪新鮮な「さんま」の見極め方&さばき方&旬レシピ盛り沢山!…

秋は『さんま』が美味しい季節。脂がのったさんまを塩焼きにして、大根おろしで食べるのは最高ですよね。昔から日本…

ごっち / 529 view

60秒で分かる!後味爽やかなチョコミントアイスバーのつくり方

美味しいんですけど、あんまり売ってないチョコミントアイス。自宅で作れる方法を紹介した動画が上がってたのでご紹…

もこ / 240 view

レトロな雰囲気で落ち着こう♪神保町の純喫茶を味わおう♡

落ち着きますよね。純喫茶。ドトールにはもう、戻れないかも。

らも / 1067 view

オーブントースターで完結?おすすめ朝ごはんメニュー

オーブントースターの可能性に迫る、超簡単おすすめレシピ♪

らも / 604 view

忙しい朝に最適!5分以内で作れる簡単らくらく朝ごはんレシピまとめ

食べた方が健康に良い派の人も、食べない方が健康に良い派の人も。

らも / 949 view

別腹でも太る(´Д`。)「デザートは別腹」をコントロールする方法まとめ

「デザートは別腹」って言っちゃいますが、サイズアップするウエストは1つでした。

らも / 223 view

肌寒くなると飲みたくなる♡簡単手作りホットドリンクレシピ

寒い冬に備えて、自家製ホットドリンクレシピを今から予習しときましょ♪

MU-MINDANI TARO / 342 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング