意外に多い、ホクロの悩み。私も首筋と脇にあるホクロを取りたいと思ったことが何度もあります。

でも、実際ににホクロを取るのは高いし、何回か病院に行かなくちゃいけないし、再発する事もあるとか、結構難しいものっていうイメージがありますよね。実際のところはどうなのでしょうか・・・?

そもそもホクロってなんなの?

医学的に言えば、ほくろは「色素性母斑」あるいは「母斑細胞母斑」と呼ばれます。母斑細胞というメラニン色素を持つ細胞が増殖することによってできる良性の皮膚病変です。ほくろのほとんどは、放っておいても医学的には何の問題もないもの。それでも、形がかなり大きかったり盛り上がっていたり、色も黒褐色、薄茶色、青色のものなど様々です。この中で青色のものは、皮膚のかなり深くにメラノサイトが存在するために表面上は青く見えるのだといわれています。

高い?安い?価格から見るほくろの除去方法

調べてみると意外にほくろを除去する方法は色々なものがあり、値段も様々。病院で除去する方法も色々あるし、自宅で出来る方法というのもあったりしますので、ちょっと見てみましょう。

【レーザー】 1個あたり5千円~3万円

美容目的でほくろを除去する場合など、皮膚科や美容皮膚科で行われるのはほとんどがレーザーですが、クリニックによって価格が大きく違います。

安いクリニックなら3000円くらいから。大きさが大きくなればその分値段が上がることがほとんど。中には大きさに関係なく定額の場合や、一定額でほくろ取り放題という場合もあるので、探してみてもいいかも。

一般に、直径が3ミリくらいまでのホクロでしたら、美容整形などのレーザー治療で、傷跡もなくきれいに仕上げられるといわれています。
そもそも、レーザー治療は5ミリ以下のホクロに対して有効な手段だといわれていますので、大きいホクロに関して、レーザーはおすすめできません。
レーザーの特徴として、一度の治療でホクロが取れ、肌が回復してくれば、半年後には治療跡も目立たなくなります。

【切除】 1個あたり1万円~5万円

大きなほくろの場合は、切除を行うこともあります。
美容目的なら保険が効かないので高くなります。

しかし、悪性のほくろの可能性があり、切除して検査が必要な場合は保険適用されるので場合によっては10000円以下で切除できることもあります。

【トレチノイン&ハイドロキノン】 1ヶ月あたり6千円~3千円

主にシミの除去などに使われているハイドロキノンとトレチノイン。
肌の漂白剤とも言われていて、色素を除去する効果が高いクリームです。
皮膚科で処方してもらうこともできますし、市販のものもあります。

ホクロ除去用に使われる、配合量が高いクリームは美容皮膚科でしか手に入らないので、通販を利用するなら個人輸入になってしまいますが、その際は信頼できるサイトで購入するようにしましょう。

【カソーダ】 30g前後 1千円~2千円

重曹とひまし油を混ぜたクリーム。シミけしに効果があると言われていて、イボやホクロも消せると言われています。

重曹のアルカリ性で皮膚を溶かす事で、次の新しい皮膚に取り換える途中でヒマシ油でケアするっていう感じの仕組みなので、効果には非常に個人差があり、ホクロが取れたという人も居ますし、逆にホクロがイボ化した、という人も居ます。

元々顔への使用はオススメできませんってことなので、もし使う場合は試しに目立たない部分に使ってみてから使うことをオススメします。

元々身体のシミやホクロ対策にっていう感じみたいなので、顔のシミやホクロに使う場合は、自己責任になってしまいます。まずは腕などのホクロで試してみてください。

あとは、皮膚を溶かして再生するっていう仕組み上、使用した時はヒリヒリとやけどみたいな状態になります。紫外線対策は万全に。なるべくなら夜の間にする方が良いですね。

カソーダ(ヒマシ油&重曹配合保湿バーム) 30g  [海外直送品]

1,200円

エドガー・ケイシーの原理をもとに、ヒマシ油と重曹を組み合わせたカソーダ。

ピンポイントで気になる部分に塗るだけの簡単ケアとその実力のおかげで、アメリカでも多くの人に支持されています。
日本国内でもクチコミで人気の輪が広がっています!

手作りしたいって場合は重曹2対ひまし油1の割合で混ぜればできますよ♪

【もぐさ】1袋 500円前後

ヨモギを使ったお灸であるもぐさ。
昔の人はこれを使ってほくろを除去していたようです。

焼いてほくろを除去する方法なので熱く、火傷してしまうこともあるようですが
安く試せる方法として人気があります。

関連するまとめ

これで重くてツライ「生理痛」とSAYONARA♡体をじんわり温めて痛みから卒業!

女性ならほとんどの人が経験するつら~い生理痛。生理痛は大部分が冷えや骨盤のゆがみ、そして女性ホルモン「エスト…

ごっち / 544 view

目指せ!1日1回スッキリ! 便秘に効く食べ物・飲み物を意識した生活をしよう

お腹が張って食欲がない、肌荒れしてしまうなど、健康にも美容にも良くない、便秘。普段の食生活で改善しよう♡

MU-MINDANI TARO / 553 view

プチプラで美肌を叶えるパックに人気集中!PLAZAで最も売れたフェイスマスクって?

PLAZAのフェイスマスク売り上げTOP5をご紹介。 冷房による乾燥や紫外線で悲鳴をあげた夏の肌へ、フェイス…

りんりん / 1595 view

トレンドは“生”から“センシュアル”へ。秋ムードの彼の心に入り込む3step♡

メイク界は本格的に秋ムード。“生”がキーワードだった夏を終えて、この秋のトレンドは“センシュアル”へ。物憂げ…

りんりん / 1049 view

【顔は眉毛で変わる!】正しい眉毛のお手入れ

顔のバランスを決定づける眉毛。お手入れが間違っていると思わぬ肌トラブルの原因になってしまうので要注意!

MU-MINDANI TARO / 1358 view

健康にやせよう!ダイエッターが知っておくべき3つの数字

やみくもに体重を落としても、体調を崩してしまったら意味なし!ポイントをおさえて健康的にやせましょ!

MU-MINDANI TARO / 711 view

不器用ママでも大丈夫♡ 100均アイテムで簡単ヘアアレンジ!

ママの味方100円均一ショップは、簡単ヘアアレンジにも強い味方なんです!見た目も可愛くて素材や機能も優れてい…

ごっち / 16494 view

ほんとに伸びる?都市伝説?「まつげ育成法」まとめ

「まつ毛の先を切る」っていうのは怖くて試せません。

らも / 596 view

1週間で-5kgも夢じゃない?脂肪燃焼スープの作り方♪

お腹いっぱい食べても1週間で痩せる脂肪燃焼スープ!野菜がたっぷり入った脂肪燃焼スープは、食べるだけで痩せられ…

らも / 616 view

今さら聞けない「パクチー」の秘密。なんで美容・健康に良いの?

今さら聞けないパクチーの秘密と、その効果を最大限に引き出す食べ方をご紹介

もこ / 280 view

飲み会続きでも大丈夫!飲むと太るお酒、飲んでも太りにくいお酒

これから始まる忘年会&新年会ラッシュ、賢く飲んで太らずに乗り切りましょう♡

もこ / 481 view

冬に向けて重点的にケアしたい「足のすね」・乾燥の原因と対策まとめ

弁慶でも打たれると泣くと言われるすね。私は乾燥しすぎて泣いてます。

らも / 398 view

運動嫌いさんにおすすめ。ちょっとの習慣で痩せる方法♡

痩せたいけど、運動する気はありません!

らも / 352 view

お腹が減って眠れない!そんな時に食べても大丈夫な食材

健康にも睡眠にも悪影響で、太るとも言われている、就寝前の食事。食べても大丈夫な食事も有るって知ってました?

らも / 344 view

病気を疑うレベルでかゆい!乾燥肌でかゆい時の対策まとめ

長湯、長風呂は乾燥肌を進行させるってご存知でした?

MU-MINDANI TARO / 450 view

CMやテレビでおなじみのEMS。効果と効率が良い使用方法まとめ

EMSを買うまでに知っておきましょう♪

もこ / 999 view

ベビーだけのものじゃないかも?ベビーオイルで可愛くなる活用法まとめ

生まれた時から使えるんだから、今使っても問題ないよね♪

らも / 795 view

あなたは大丈夫?意外と臭う「顔のニオイ」原因と対処法

意外と気になる「顔のニオイ」。 そよ風が顔をなでる時、うつ伏せで寝た時、額の汗をぬぐった時、ふとした瞬間に「…

MU-MINDANI TARO / 359 view

関連するキーワード

らも

らもも。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング