気が付けば、どんどん持ち物が増えてパンパンになったバッグ。どこに何があるのか分からない、散らかったバッグの中身。人に見せるのは恥ずかしいし、自分自身も使いづらいですよね。

どうやったら、バッグの中身まで綺麗にキープできるのでしょうか?バッグの整理テクニックを5STEPでご紹介いたします。

①中身を全部出してみよう

バッグの中身、把握していますか?

バッグの中身、把握していますか?

まずは、バッグの中身を全部出します。ポーチの中の小物もすべて並べてくださいね。出して並べることで、客観的な視点で確認することができます。ぐちゃぐちゃになったレシートやゴミが入ったままになってませんか?

②最小限の物しか入れない

そもそも、バッグが散らかる原因とは?

そもそも、バッグが散らかる原因とは?

バッグの中身が汚い原因は、持ち物が多すぎること。物が増えると、収納スペースが必要でバッグも大きくなります。大きいバッグだと、どこに何があるのか分からない状態になるのです。

物を減らせば、綺麗に片付く!

物を減らせば、綺麗に片付く!

使用頻度の低い小物は、バッグから取り出します。持ち物が減ることで、バッグもコンパクトになってスッキリ綺麗。小さめバッグだと見た目も女性らしさがUPしますね♡

③不要?必要?物の絞り方

まずは入っているものをリストアップ

まずは入っているものをリストアップ

物を減らすと言っても、なかなか難しいもの。まずは、絶対必要な物からチェック!外出時に、スマホ・財布・家の鍵は最低限必要ですね。

折り畳み傘・サプリメント・薬・絆創膏・爪楊枝など、念のための物を見直します。リストアップまではしなくてもいいですが、同じ小物が2つ以上入ってませんか?年に数回しか使わないのであれば、それは不要かもしれません。安心感より実用性を重視して!

通勤バッグの歯ブラシ・ペンケースなどは、会社に置き場所を作っておけばOKです。手帳もこまめにチェックしなければ、持ち歩く必要はありません。スマホをメモ代わりにすれば、荷物の軽量化にもなりますね。

無駄の多いコスメポーチ

無駄の多いコスメポーチ

女性の荷物が多いのは、大量の化粧品を持ち歩くことが原因です。毎日、それら全てのコスメを使っていますか?食後に気になる、口元のリップぐらいで済ませることができるかもしれません。

また鏡についても、ミラー付きのコスメを活用しましょう。ミラーがなければ、目元・口元のポイントメイクが見えるぐらいの小さめの鏡を持ち歩いて。化粧直しはお手洗いの鏡を使うので、バッグの中の大きい鏡は不要です。

④バッグインバッグの活用

小物の居場所を決める

小物の居場所を決める

バッグから不要な物を取り除いて、持ち物を減らせましたね!お次は、バッグの中身の収納方法です。バッグの内側にポケットが付いていれば、頻繁に取り出す小物をそこに仕舞います。

使用頻度の低い小物は、バッグインバッグやポーチに片付けていきます。化粧品のコスメポーチ・生理用品などのサニタリーポーチなど、用途や種類別に分けましょう。多すぎても使いづらいので、2~3個に収めます。

「縦」収納で分かりやすく!

「縦」収納で分かりやすく!

バッグに持ち物を仕舞う基本は、「縦」収納です。小物は寝かせずに立てて入れていきます。テキストのような平たい持ち物から順番に仕舞います。そこに沿うように大きい物から、立てて詰めていきます。

型崩れしないバッグがお薦めですが、バッグの形が安定しなければクリアファイルなどを入れて壁にしましょう。縦収納を意識すると、綺麗なバッグの中身が完成です!上から見た状態で、何がどこにあるのか一目瞭然です。

⑤TPOによって使い分ける

「時・場所・場合」で中身もチェンジ

「時・場所・場合」で中身もチェンジ

通勤バッグと普段使いをオン・オフで区別されている方は多いと思いますが、オフ用も何パターンか作っておくと便利です。TPOによって、荷物も最小限に切り替えるとスマートですね。

お洋服をコーディネートするように、バッグの中身も変えてあげましょう。例えば、スーパーの買出し用・友達とショッピング用・子連れでお出掛け用・彼とデート用など考えてみてください♡

バッグの中身の写真を共有できる場所も♪

他人のバッグの中身を見るのも、楽しいですよね。「inmybag(インマイバッグ)」では、世界中の人々のバッグを覗き見できるんです!カテゴリーや職業別に検索できるので、参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ

捨てられない服をあっさり断捨離できる判断ポイントまとめ

「捨てる」ってエネルギーが要ります。

らも / 1054 view

衣替えの収納・整理で知っておきたい”コツ”まとめ

そろそろ本格的に衣替えシーズンかも。

らも / 298 view

カラダが軽くなる♡朝夜に少しだけベッドでストレッチ

春眠暁を…とはいいますが、一年中眠いです。

らも / 438 view

もう後悔しない!トイレのサボり汚れを徹底除去

めんどうなトイレ掃除!掃除の中でもここが一番嫌いって人も多いですよね。でも放置すると黄ばみ・黒ずみが便器の表…

MU-MINDANI TARO / 186 view

洗濯機が無い人だけの物じゃない!コインランドリーの使い方ガイド

季節の変わり目でお布団とかの大きい洗濯が増える今、知っておきたいコインランドリー活用法♪

らも / 4097 view

大人になっても生き辛い「アダルトチルドレン」ってなに?

みんなちゃんとしてるのに、何故か上手く生きていけないと感じる事はありませんか?

もこ / 454 view

睡眠の質を上げよう!自分に合う枕の選び方を徹底解説

借金は無くても、首が回らない方へ朗報!

らも / 165 view

今すぐ止めたい鼻水に!鼻かぜになった時の対処法まとめ

鼻で息が出来なくて口呼吸になり、口が乾燥して喉が痛くなる、負の連鎖を断ち切るのです!

らも / 276 view

ビールや小麦粉でも?!キッチン周りは余った食材でお掃除できます♪

身近な食べ物で、いつまでも終わらない、油汚れとの戦いに終止符が…!

らも / 200 view

『子供布団』ダニ対策のための寝具選びで知っておきたいこと

ダニ(ハウスダスト)アレルギーの症状改善には、お布団を清潔に保つことが大事!

らも / 245 view

子育てが辛いときに……「お坊さん」が答える悩み相談に感動の嵐!

最近、お坊さんにネットで悩み相談ができるサイト、hasunoha(ハスノハ)がメディアなどで取り上げられ、注…

りんりん / 240 view

腸ストレスが便秘を引き起こす。ぽっこりお腹は簡単ポーズの「腸ヨガ」で解消する

女性らしいくびれや引き締まったウエストに憧れる女性は多いと思います。しかし、慢性的な便秘に悩まされお腹がぽっ…

りんりん / 1633 view

どうにかしたい! タイプ別・頭痛の原因と対処法

日本人の3人に1人が悩まされているという頭痛。実は色々種類があって対処法はそれぞれ。

MU-MINDANI TARO / 298 view

「息子の死を乗り越えて」”あどけない大人”YUKIさんの人生観

40歳を過ぎても変わらぬ美しさを持つ歌手のYUKI(ユキ)さんですが、過去には息子さんの死という、悲しい出来…

りんりん / 720 view

[海外も一緒?]パパとママ、同じことしてるのに・・・異なる回りの印象5選☆

一緒に子育てをしてくれる、優しいパパ!のイメージですっかり市民権を得た「イクメン」。ですがママにとって当たり…

ごっち / 155 view

【台風到来】備えあれば憂いなし?!台風に役立つ便利アプリあれコレ☆

8月・9月は台風シーズン。大型の台風に備えて、台風対策に役立つアプリを入れておきましょう。記事内で紹介する台…

りんりん / 292 view

らも

らもも。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング